Light + Building in Frankfurt

lb2016_post

次世代LED光源技術「TRI-R(トライアール)」が本格的にグローバル市場へ進出
照明における最も影響力のあるフランクフルト国際照明見本市「light+building」に初出展

2016年3月13日〜18日【出展場所:Hall 4.1 / Stand D46】

 

 東芝マテリアルの技術と、TOL STUDIOのプロデュースによって開発された、次世代LED光源技術「TRI-R(トライアール)」が、2016年3月13日から3月18日まで開催されるフランクフルト国際照明見本市「light+building」に初出展します。フランクフルトにおける「light+building」はミラノで開催される「Euroluce」と並び最も影響力のある国際照明見本市のひとつとして知られ、世界のトップブランドがその技術力やデザイン力を競います。建築やインテリアの観点からも注目度が高い同見本市は、照明の行く先を占う重要な機会と言っても過言ではないでしょう。

 TRI-Rは、従来LEDのテクノロジーであるブルー励起ではなく、次世代のトレンドといわれるパープル励起のLED技術と蛍光体技術を駆使することで実現した「太陽光スペクトル」の再現が最大の特徴です。今回はそのフルラインナップと、プロトタイプや新たな光に対するアイデアなどを提案し、既にコラボレーションがスタートしているブランドのプロダクトも展示予定。また、様々な大学、研究機関と共にリサーチを進めている光と生体との関係は、太陽の光が生体リズム(サーカディアンリズム)に影響を与えていることが明らかになりつつあり、医療、健康などの分野から日常的な生活空間へと幅広い用途が期待されています。「for Human」「Human Centric」など、人の為の光が世界的なトレンドになりつつある中、TRI-Rは、光のスペクトルに着目し、色・質感などの表現力、視認性や眼精疲労、更には生体適応まで考慮した、「真に人に優しい光」を追求していきます。

 

<開催概要>
展示会名:ライトアンドビルディング(Light+Building)
開催会場:メッセ・フランクフルト(Messe Frankfrut)
開催期間:2016年3月13日〜3月18日
出展場所:Hall 4.1 / Stand D46